FC2ブログ

スランプ期



現状、絵を描くことに何らかの微弱な苦痛を感じ始めてきているのを察知した。描いてみても同じような構図でウンザリして、変わった趣向を凝らそうとしても、慣れないことでうまくいかず、自分に対する未熟なことへの苛立ちを覚えて時間をかけて絵を描いては真っ白に消してしまっている。

これには身に覚えがある。小説を書いていたときも同じような心境だった。手持ちの知識を使い果たしてしまった感じで、これ以上どう努力すれば良いかわからず戸惑いつつも、とりあえず上手くなりたいと、努力が空回りして、余計に焦りを感じてしまっている状態だ。筆を折る瀬戸際でもある。自分が楽しいかどうかより、それが上手いかどうかに目が向いている。

頭ではわかってはいるんですけど、難しいんすよ。楽しく描ければ一番良いのだけど、やっぱり向上心があるのでどうせ描くなら自分が納得できるような上手いものに仕上げたいんです。理想的なのは、楽しみながら学習すること。今は探せば学習の仕方なんていくらでもあるので、自分に合ったやり方で描いていくのがベストなんだろう。

何が不満なのかと具体的に明示すれば、解決案も出てくるかも。

■何が不満か
・人体が全体的に直線的だったり、流動性が感じられない。
・表情が乏しいので同じ顔になる。
・いまだに手を上手く描けない。
・構図を変えると、途端に描けてた部分も描けなくなる。
・どういった塗り方にしたいのか定まらない。
・服の皺の描き方に疑問を感じてきた。
・髪の流れをもう少し綺麗にしたい。
・描けるものが少ないので、同じ服やデザインになる。靴とか描けない。
・風景がちっとも描けない。
・パースは食べ物。わからない。
・人物を活き活きと描けない。

全体的な不満をざっくりと挙げてみました。んんん。今まで手癖で描いてきたので、おそらくデッサン力とか物に対する知識が乏しい気がするんだ。見よう見まねで描いてきたので、それの限界点が来た感じだろうか。まずは基礎的な知識を身につけて応用できるように、地盤を固める必要がある。自分の中の手癖を矯正させる行為なので苦戦するかもしれないけれど、上達への道だ。致し方あるまい。今年は模写と、クロッキーとかを重点的に鍛えていこう。